この間の授業で、東京オリンピックが開催されるという話題になった。


受け持ちの生徒は7年後、ちょうど20歳になる。


「今から7年後、みんなは何をしているんだろうねぇ」

「先生はその頃何をしてるのかなぁ」

などという話で盛り上がった。


考えてみれば、 7年後はどんな世の中になっているかわからない。


学校のシステムも少しは変わっているかもしれない。


ただし、部活動のシステムは、そう簡単には変わらないだろう。

日々生活をしていても、部活動の件が頭をよぎって離れない。


明日も1日中、遠方で試合がある。


定期テストの採点、授業の準備、学級事務などなど、本来のやるべき事は終わっていないのに休めない週末がまた来た。

眉間のシワがまたより深くなっていく気がする。


部活動のとき、生徒の前ではやる気がある風を装っているのが辛い。


遠方に行く際の交通費も出ないのだから、やる気が出なくてもしょうがないだろう。

愚痴でも言っていないとやってられない。


ブラック企業だなんだと言っている人が大勢いるようだが、私たちの職業こそブラックではないのか。


明日に備えて、何も考えず眠りたい。


同じような境遇の教員が、この日本にどれぐらいいるんだろうか。

部活動制度が変だと感じながら、誰にも言えない気持ちを心の奥底に秘めている教員がどれぐらいいるんだろうか。


なぜ変だと思う制度を、変だと言えないのだろうか。

ダラダラとまらなくなってきたのでこの辺で終わる。

「言いたいことも言えないこんな世の中」という歌を思い出した。