大きな学校行事が終わりました。

なかなか準備が大変な行事だったので、心身ともに疲労困憊です。

生徒も疲れていました。


月曜からは学校なので、当然土日は生徒は休みです。

行事終わりのあいさつで、学校長は「この土日は学校行事の疲れをとるためのお休みです。ゆっくり休んでください」と言っていました。

・・・まあ現状を考えれば、部活があるわけで。


私の部活動も土日やることになりました。もう一人の顧問が練習試合も決めていました。


私は今日、個人的に部活を休みました。

学校行事の疲れをとるために。


土日は本来、生徒も教員も疲れをとるためのもの。

ただし現状はほとんどの運動部や吹奏楽部で土日の練習がうまっている。


私が一番きらいなのは、土日にしっかりと一日中指導していた顧問の教員が、土日に疲れ果ててしまって月曜日に年休を取る事例です。

本末転倒!これ以上、「本」と「末」が転倒していることがあるでしょうか。いや、ない。

思わず反語を使ってしまいました。

そういった教員は、なぜか「部活に熱心な良い先生」という評判なんですよね・・・。


私はそんな教員は最低だと思います。

例えるなら、プロ野球選手が休みの日にゴルフに行って、その疲れで月曜からの試合に出られないようなもの。

部活偏重の象徴のような教員だと思います。


話を変えましょう。

すこしブログを見なかったせいで、多くの方々のコメントが寄せられているのに気づきませんでした。

あわてて先ほどコメント返しをしたところです。遅れてごめんなさい。


私が個人的に疑問に感じた部活動というもの。その考えに対し、さまざまな意見が出ており、白熱の議論になっています。

こんな議論を国の上の方はしてきたのでしょうか。現状を見据え、教員の健康や生活を見据え、そして子どもたちの将来を見据えて議論をしてきたのでしょうか。


私のブログにおける議論は、職員室にいる多くの教員の腹の底の議論です。

したくてもできない本音の議論の、ほんの一部だと思ってください。


ぶっちゃけた話、私の学校の職員室では、「部活に行きたくない・やりたくない・めんどくさい」という発言はご法度です。

各顧問が休日の練習試合の予約を他校にせっせと取り付け、練習メニューを作り、ジャージ姿で練習会場へと消えていく。


私は今の職場で異端なのだと思います。ただし、部活反対の考えを言えないだけの同胞が多くいることも感じています。


頭に移りゆく部活へのとりとめない思いを、ブログにまとめることで自分の意見を整理することができます。そして皆さんと考えることで、いっそう考えを広くすることができます。

いつもたくさん見てくださってありがとうございます。

ちなみに1月のアクセス数が12000を超えました。

別にアクセス数を増やすことが目的ではないのですが、多くの方がこのブログを見、そして考えてくださればうれしいです。


明日は朝から部活。

「部活に行きたくない」本音の私は内側に、「部活にやる気があり燃えている」メッキの私を外側に覆いながら出かけていくのでしょう。


いつも私は着ぐるみを着ている気分です。部活動大好きという薄っぺらい着ぐるみを。

その実、着ぐるみの内側は冷静で、ごくごく醒めているのですが。


<a href="http://blog.with2.net/link.php?1556749" title="人気ブログランキングへ"><img src="http://image.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1953_1.gif" width="110" height="31" /></a><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1556749">人気ブログランキングへ</a>

<a href="http://blog.with2.net/link.php?1556749" title="人気ブログランキングへ"><img src="http://image.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1953_1.gif" width="110" height="31" /></a><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1556749">人気ブログランキングへ</a>


<a href="http://www.doramix.com/rank/vote.php?id=152374"><strong>ランキングはこちらをクリック!</strong></a>