公立中学校には定時というものがある。


たとえば私の職場では16:45が定時であり、勤務時間はそこで終了となる。


一方、部活動の終了時間も季節により決まっている。

今の時期は冬なので18:30、夏場になると最大で19:00まで部活動をすることができる。


考えてみてほしい。

この定時(16:45)を部活動終了時間(18:30)がオーバーしている時点で矛盾が生じている。

勤務が終わり家に帰ることができる定時では無く、その機能はもはや形骸化している。


まあこの件は世間でも広く知られている点だろう。どうだろうか。


前にも言った通り、部活動には様々な種類の部活動がある。


毎日部活があるものから、平日の練習は行わないもの、中総体の直前だけ行われる部活などがある。

平日に毎日行われる部活の顧問になっている教員(私も含む)は、原則として部活動終了時間まで職場を離れることができない。

つまり、今の時期は18:30までは帰ることができない。


定時というのは名ばかりで、実質は18:30が定時なのである。

なぜ帰れないかというと、万が一にも部活中に生徒にケガがあった場合に責任をとらなければならないからだ。


私が納得がいかないのは、顧問になった部活動によっては定時に帰れるのに、その一方で部活動終了時間まで帰れない顧問が存在するということだ。


平日に頑張って部活をしている顧問は部活動終了時間まで帰れず、平日に部活がない部の顧問は定時に帰れる資格が与えられる。

この構図が年がら年中続くのだ。


公務員という性質上、給料は年功序列であり、仕事内容によって給料の増減はあり得ない。

その点は納得している。だから給料については不満は生じえない。


だからこそ、この2時間の時差が毎日生じているのはおかしいと思うのだ。

確かに公務員は「全体の奉仕者」、勤務時間内には自分のすべてをかけて仕事をしなければならない。


しかしあくまでも勤務時間内のことである。

なぜ同じ給料で、早く帰れる資格をもつ者と、遅くまで残らなければならない義務をもつ者に分けられなければならないのか。


好きで部活の顧問をやっている者は何の不満ももたないだろう。

しかし何度も申し上げるが、多くの学校は全員顧問制であり、「部活動をする・しない」という選択肢が与えられていないのだ。

さらに「若者は運動部の顧問をするべし」のような風潮もあり、平日に部活動終了時刻まで残らざるを得ず、必然的に私たち若手教員は平日に遅く帰ることを強制されている。


この生活がずっと続き、土日にも部活が待っている。

この状態を恒常的に続けていったならば、その者の精神状態がどうなるか想像するのは容易い。


部活動終了時間が終わり、やっと自分の本来の仕事につく。


管理職はよく言う。

「早めに帰ってゆっくりしなさい」と。


できないよ。今の制度のままじゃ。

そりゃ鬱病になる人も多いでしょうよ。


さあ、明日は金曜日。全国の同業者のみなさん、あとひと踏ん張り。

土日のことはさておいて、あと1日頑張りましょうね。



<a href="http://blog.with2.net/link.php?1556749" title="人気ブログランキングへ"><img src="http://image.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1953_1.gif" width="110" height="31" /></a><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1556749">人気ブログランキングへ</a>

<a href="http://blog.with2.net/link.php?1556749" title="人気ブログランキングへ"><img src="http://image.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1953_1.gif" width="110" height="31" /></a><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1556749">人気ブログランキングへ</a>


<a href="http://www.doramix.com/rank/vote.php?id=152374"><strong>ランキングはこちらをクリック!</strong></a>