結論から言います。


私は部活の顧問に戻ることを管理職から再三にわたって言われましたが、結局断りました。

部活においてたくさんのトラブルがあり、それを解決してもなお、部活の指導に向かう気力がわかなかったからです。

それに加えて体調不良もあり、精神面の不安定さもあり、頑として首を縦に振りませんでした。

「病気になってはいけない」ということで、管理職も遂には折れ、部活の顧問から外れることを了承した次第です。


この決断によって、私は平日の部活による超過勤務や、土日の練習試合から解放されました。

きっとホッとするんだろうなと思っていたのですが、現実はそう甘くはありませんでした。


確かに、ある面では精神的な落ち着きは取り戻せたのですが、またある面では心に波が立つような心理的不安も起こるようになりました。


それは、私の代理に同僚である他の教員が顧問になったことです。

そしてそこから生じる私の「同僚への気おくれ」が今のネックです。

自分が下した決断ですから、後悔はしていないつもりですが、職員室での居心地がすこぶる悪くなりました。


悪気があってのことではないのでしょうが、職員室で私の耳に聞こえる範囲で、週末の練習試合の打ち合わせをしているのを聞くと、胸が痛みます。

職員室は当然ひとつしかないのであり、私への嫌がらせなどでは決してないとは思いますが。


また、「生徒のために」という絶対原則を打ち破って顧問に戻ることを蹴ったのですから、当然部活で見ていた生徒たちとの折り合いも悪いです。

「一生懸命生徒のために部活をやっている」他の教員と、「自分たちが目指す方向へと努力している」部活の生徒のことを考えると、自分という存在がどんどん萎縮していくのを感じます。


よくコメントをくださるカメムシさんは、一貫して顧問を拒否する構えを説いてくださっています。

そして生徒や同僚や保護者との関係を気にすることなく、自分の主張を貫くべきだ、とも。

確かにそうなんだと思いました。

自分の考えを通すためには、ある程度の犠牲や被害があって然るべきだということを感じました。


でも。

部活の顧問を辞めてみて感じたのは、失ったものも大きいということ。


もし今回の件で部活の顧問に復帰していたら、どうだっただろう。

休日が部活で埋まっていって、結果として自分を苦しめることにはなるだろう。

でも、同僚や生徒や保護者との関係は円滑で、かつ周囲からの評価も部活動を一生懸命指導する「いい先生」のままだっただろう。


この「周囲との気まずさ」にはやはり全員顧問制が深く関連しているのでしょうが、その論議は今さらというものでしょう。


部活動の指導をする「いい先生」であるためには、自分のプライベートを犠牲にしなければならない。

自分のプライベートを大切にするためには、「生徒のために」という原則を打ち破らなければならないため、周囲との関係が悪化する。


この二択ともいえる上皿天秤にのせて、どっちが自分にとってのメリットが大きいのかを考える必要があるのかなと思いました。


否。

なぜこの二択しかありえないのか、その原因を探ることも必要なのだと思います。


今できることは、部活の顧問問題を世の中に周知していくこと。

そのための自分なりのアクションを少しずつ具体的に起こしていくこと。


「知らないことは負け」なのです。

だから「知らせていないこと」も負けだと思います。

管理職たちが世の中に「知らせていないこと」も十分に現在の素地を作った一端だと考えています。


世の中の、部活に問題があるという機運を高めること。

これが私に今できることです。


ちなみに、最近コメント欄で盛り上がっている「牛丼のたとえ」の件ですが、とても興味深く読ませていただきました。

いち教員から言わせてもらうと、平の教員の多くは誰も紅生姜(部活動)を売り文句に生徒を呼び寄せているわけではありません。

免許状を保持している各々の授業、つまり牛丼において、生徒を呼び寄せていると思います。

そして各々がより良い牛丼づくりに没頭しなければならない。

中には紅生姜をボランティアで作る人がいてもいいかもしれない。それは邪魔をしない。

だけれども、紅生姜づくりを会社全体で個人に課しておいて、牛丼づくりに支障がでるのはおかしな話だと感じます。


いろんな方々の、いろんな考えがあふれてくることを期待します。

初秋の折、ご自愛ください。スーパームーンを臨む秋空の下より。


<a href="http://blog.with2.net/link.php?1556749" title="人気ブログランキングへ"><img src="http://image.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1953_1.gif" width="110" height="31" /></a><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1556749">人気ブログランキングへ</a>

<a href="http://blog.with2.net/link.php?1556749" title="人気ブログランキングへ"><img src="http://image.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1953_1.gif" width="110" height="31" /></a><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1556749">人気ブログランキングへ</a>


<a href="http://www.doramix.com/rank/vote.php?id=152374"><strong>ランキングはこちらをクリック!</strong></a>